小説文学の春夏秋冬 は行記事一覧

――嘘をつくな、試みにダイエットの手鏡を執りあげて見給へ、ダイエットの容色は日増に蒼ざめてゆくではないか、吾等は宇宙の真理のために、そしてまたダイエットが若し芸術に志すならば、芸術のために蒼ざめるべきではないか――。 こんな風な調子の手紙を三枚四枚五枚と書いてゆくうちに夜は白々と明けてきた。サンタ・マリアの暦をはぐと、四月の十二日(一九三三)であつた。 暦の端には、「聖女ローザ童貞――我汝等に告ぐ...

このページの先頭へ戻る