小説文学の春夏秋冬 さ行記事一覧

    一 又兵衛の展観が大阪にあったように聞きましたが、私は見ずにしまいました。 寛永前後の風俗画の中で、又兵衛は特に傑出もしているようですし、数はそう沢山あるのではないにしても、佳《い》いものもなかなか多いように思います。しかし同じ又兵衛でも、以前に出来たものとか、晩年のものとかの相違で、その出来や何かに相当の違いがあるのと、またある一説のように又兵衛もあるいは初代二代とあって、必ずしも同一人...
毎日のやうに隣りの鶏が庭へ入つて来る。 鶏が書斎の前をいそいで通るので、いかにも跣足で歩いてゐるやうな恰好をする。羽や鳥冠が立派で、その上雄鶏などはすましてゐるやうな様子をしてゐるので可笑しい。 彼等の中に一匹奇妙な鳴声をする雌がゐる。 四五日前から地つづきに家主が家を建てゝゐる。今日は午後から曇つて、夕暮から雨になつた。× 又春が来る。なげつぱなしにして置いた季節が何処からか又帰つて来た。去年の...
この間うち、東京へ行つてゐた時、不図途上で、坪田譲治氏に出遇つた。坪田氏とは、会合などの時に二三度お目にかゝつたくらゐで、大森にゐたころ訪問を享けたこともあつたが、わたしがあちこちを転々としてゐるために、機会を得たいと思ひながら、その折を見出せなかつた。といふのは、わたしは坪田氏の作品は可成り久しい前から、主にその短篇を折に触れては愛読し、余程の親しみを感じてゐたので、大森でお目にかゝつた時にも満...
     一木梨軽《キナシカル》[#(ノ)]太子の古い情史風のばらっど[#「ばらっど」に傍線]の外に、新しい時代に宣伝せられたと思はれる悲しい恋語りが、やはり巡遊伶人の口から世間へちらばり、其が輯録せられて万葉にある。一つは宅守《ヤカモリ》相聞である。今一つは乙麻呂《オトマロ》流離の連作である。時代が新しいから真の創作であらう。そして不遇な男女が、哀別の涙をさへ、人に憚つて叫び上げたものゝ様に思は...
実験室の前の庭にある桐の若葉が、ようやく出そろった五月なかばのある朝。塚原俊夫君が「Pのおじさん」と呼ぶ警視庁の小田刑事は、珍しくも私服を着て、私たちの事務室兼実験室を訪ねられました。小田さんは東京に近い△△県の田舎の生まれだそうですが、その村の小田さんの親戚の家《うち》に一つの事件が発生したので、俊夫君にその解決を依頼すべく来られたのです。 今日からちょうど五日前、△△県××村の付近の山奥で、先...
花に忙しき春哉。裸男ひとりにて、新宿追分より京王電車に乘りて、調布に下る。 南を指して行く。多摩右岸一帶の丘陵低く横はる。大山を左翼として、丹澤の連山その上に遙か也。十數町にして、多摩川に達す。前岸に櫻花の連なるを見る。これ近年櫻の名所となりたる菅の堤也。矢野口の渡に至れば、渡船あるかと思ひの外、土橋かゝりて、一錢五厘の橋錢を取る。上流の青梅の萬年橋より、下流の六郷橋までの間、多摩川に往來を通ずる...
年齢を重ねていくにつれて身体は色々と変化します。その中でも男性が特に気にするのが、“薄毛”や“ハゲ”ではないでしょうか?今まで『Menjoy!』でも、“薄毛”や“ハゲ”の男性の記事を紹介してきましたが、“薄毛”“ハゲ”に悩む男性たちは必ずしも可愛そうとは限らず、むしろ、恋愛との意外な繋がりがあることがわかっているのです。そこで今回は、これまで『Menjoy!』で掲載された記事を元に、恋愛と若ハゲの...

このページの先頭へ戻る