育毛剤について。

育毛剤について。harukanatakuchanさん にお伺いいたします。
現在m字と頭頂部が薄く、しいていえばこのurlの術前写真の状態と似ています。http://www.shokumou.info/photo/201010/32677.html 二週間前くらいからプロペを飲んでましたが、初期脱毛+一日中体がだるく、鬱状態も日常になり、この状態で仮に髪が増えたとしても生活していて全く意味がなく、
、今飲んでいるプロペシアなど飲薬系はは今後髪がどうなろうと飲まないと決めました。〔育毛剤など飲むタイプ以外の外用薬はtakuさんなどに要相談の上判断〕

 

鬱や癌や生殖器異常、心臓疾患など起こりうるリスクを知りながら、自分は平気という発想はやめます。

 

そこで質問しますのでお手数ですが細かく教えてください。完璧に理解し→納得→行動実践していきたいので。
takuさんへの質問等に失礼な聞き方をするかも知れませんが、takuさんと同じやり方以上の事をやって行きたいので
、どうかご理解とご了承ください。

 

1●すでにフロジンは数本所持しています。〔まだ未使用で体験したこともありません。念のために本日処方してもらっただけです〕 〔本人の意思を尊重してくれる医師がいる病院ですので〕

 

takuさんは2011/4/29 の相手様への回答で→プロペやフロジン液(塩化カロプロニウム)が高価な上に、効きませんと回答をしていますが、ここ1〜2年の回答〔直近ですと2013/7/11 〕あたりですと→カロヤンガッシュやカロヤンアポジカG(これはM字や生え際用)などが、オススメですが、病院で処方が可能であれば「フロジン液」を希望されてください。血管拡張剤の塩化カルプロ二ウム5%が成分です。
と記載されています。
フロジンに対しての意見が変わった理由をお聞きしたく。又は、私の読解不測で一切意見は変わってなかったのか・・など含め御意見お願いします。

 

2● 結局私は今後ミノキシジル系を使用しない方向〔takuさんのアドバイスにもよるが〕ので、そうなるとtakuさんの経験に頼って聞くしかないのですが、私の場合▲ m字部分も頭頂部もフロジンのみ使用がいいのですか?
それともフロジンは短期円形脱毛などを想定し成分が強すぎるから長期使用には絶対向かないのでフロジンは最初から使用を一切やめ▲カロヤンのみ継続がよいですか?

 

又は▲最初の半年くらいはどの頭皮部分もフロジンのみ使い、生えてきたらカロヤンに変更はどうか?
又はフロジンはあくまでも血行促進で発毛効果もなく育毛剤ではなので、▲フロジン使用後に育毛剤?のカロヤンを使うという2重使いがよいですか?
色々聞いてすいませんがお願いします

 

 

 

3●フロジンで毛が生えた人は聞いたことがありませんし医師も毛生え=プロペとミノキと言います。血行促進や頭皮改善ならわかりますが。takuさんはフロジンをどのような位置づけで考えてらっしゃいますか御意見を聞きたいです。

 

4●私はフロジンでもカロヤンでも明日からはじめられます。一度はじめたら1年はパターン変えないので完璧なメニュー組んでください。
〔運動、睡眠、栄養、洗髪はまた次回お願いします。〕

 

5●カロヤンとフロジン この話につきますが、やはり髪を生やす!と考えたらフロジン〔血流〕+育毛剤なのか?
カロヤンのみかどうでしょうか?

 

6●フロジンは育毛剤ではないと勝手に考え聞いています。なのでなぜカロヤンをやめてフロジンでも可能とおっしゃるかが知りたいです。理解不足で聞いています。カロヤンは育毛剤だと想像しているもので・・

 

7●カロヤンを使うと仮に過程した場合、アポジカ、g以外にΣプラスまであります。頭全体をガッシュのみやアポジカのみで終了させうのではなく、生え際のみgというのは、同じカロヤンでも生え際にのみ効く有効成分なるものがgにはあるのですか?

 

8●柳屋トニックも購入しますが、毛が生える効果の声があるのでしょうか?2ちゃんでも知恵でも全て見てませんが効果記載が見当たらないので。
悪いものではないと言うのは3年近くtakuさん書き込みみてわかるのですが、3年たってもフロジン、柳屋、カロヤンを医師学会発表やニュースで一切目にしないので、十分やる気はあるのですが、そんなに効果があるならなぜこれだけの年数がたっても自社hpにさえも成果発表しない理由がわからなく、精通しているtakuさんに聞いています。

 

9●結局完璧な育毛パターンはロゴナシャンプー後柳屋塗り数分後→フロジン塗り→数分後ガッシュ又はアポジカ塗り→数分後前頭部にg塗り→ヘッドマッサージ+レーザーキャップ20分ほど被る→そのご豚毛等でで
ブラッシング軽く。これですか!なんならブラッシング後にサントリーの新開発のナノインパクトテラ2.0で仕上げもかんがえてますがやりすぎですか?

 

10●ブラッシング後に禁断ポラリス08も追加する柳屋+フロジン+カロヤン複数+ポラリス08の何が効いて生えたのかわからないが最強パターンがよいですか
11●私は仕事上深夜2時から3時睡眠です。〔睡眠時間は7時間以上〕栄養も育毛剤も完璧にしても、この時間に入眠だと全て効果台無しでしょうか〔最悪仕事変更も視野にはいれます〕

 

ご質問ありがとうございます。

 

とても積極的なご質問に恐れ入ります。
まず、前段にご理解していただきたいことがあります。わたしは、高2のときに、左M字欠けを発見してから、ヘアケアに努めてきました。外書からヒドロコルチゾンが有効であること(「毛髪ドクター」)を見つけ、探し当てたのは、ハツモールという医薬品です。知りうる限り、発毛の医薬品はこれが当時、国内では唯一でした。薬局の店主の好意で、1本もらいました。当時で5000円だったので、買えませんでした。学校でもつけていましたが、級友は笑いました。その笑った者、みな、今、完全に禿げています。そしていま、わたしはふさふさです。この発毛剤によってではなく、このメーカー:田村照治堂の社長の、コメントに「頭皮をこんにゃく頭にせよ」という文言に、その意味付をしたからです。つまり、硬い頭皮には発毛しないということです。頭皮が柔らかいということは、毛細血管が太く、血流がよく、細胞も活性化している状態です。その後、いろいろな試行錯誤(その後どんどん発売される育毛剤、シャンプー、食事、睡眠など)を経て、2000年ころには、ふさふさに回復していました。20歳ころがいちばん薄かったです。1990年前後、ミノキシジル液の「ロゲイン」(当時は、ヤフーオークションで、「リゲイン」という名称でした)が瞬く間に世界中に普及していきます。わたしも、使用経験がありますが、かぶれてすぐにやめました。その後、現在、使用中の柳屋フレッシュトニック柑橘EXに出会います。柑橘成分は、毛乳頭や毛母細胞を活性化する意味では、知られていました。また、ミノキシジルタブレットやプロペシア(AGA専用の医薬品)が続々と登場してきます。2008年この知恵袋での初期の頃の回答は、ミノタブ、フィンペシア、ザンドロックス、またサプリメントでは、ノコギリヤシ、フィーバーフュー、亜鉛などを推奨していました。発毛のための、「最強アイテム」として、認識していたためです。しかも、これは「絶対的な」組み合わせと考えていたのです。理由は、有名クリニックの処方や、フィリピン製のラムダグローも同様な組み合わせが、根拠でした。しかし、これまで、約6000もの回答をしてきた結果、ヘアケアの方法論は「相対的」つまり、個々人、の環境や状態、遺伝、など、別々に判断して、回答するように「路線変更」したのは事実です。つまり、ミノキシジルが効果ない人、副作用や溶剤かぶれ、逆に薄毛の進行がある人など、さまざまです。これは、ある意味、自分の回答に「首尾一貫性」がないことにつながりますが、自分で過去ヘアケアをして回復した経験からすると「試行錯誤」には「絶対」はありませんでした。

 

さて、今回のご質問ですが…
1、プロペシアはM字や頭頂部にはあまり効果がありません。また、2011年の回答には、フロジン液について、過小評価しています。その理由は、皮膚科で処方された方が、知恵袋で、フロジン液について、効果を得ない事例が多かったことに由来します。その後、フロジン液やカロヤンガッシュなど、塩化カルプロ二ウムが、ミノキシジル液に対して「抵抗感」のある人におすすめする方向転換しています。回答にブレが生じたことは、自己反省していますが、前段のとおり、発毛剤、育毛剤については、「試行錯誤」と「相対的」な回答になっています。
2、ミノキシジルは、初期脱毛と一生使用継続しなければならない面があり、しかし、それをよしとして、完全回復されている方もいます。今回、ミノキシジルをお使いでない方向で、フロジンかカロヤンか?ですが、カロヤンには、塩化カルプロニウム以外に、漢方成分が含まれています。カシュウチンキとチクセツニンジンエキスです。またフロジン液にはない、抗炎症作用や、角質除去の作用があります。さすが、市場に出回っているだけありますね。その意味では、血管拡張剤濃度が低くても、カロヤンに「分」があります。ただし、手元にせっかく、フロジン液を保有されているのですから、まずはお使いになって、なくなりしだい、カロヤンがよいと思います。
3、前段でも触れましたが、フロジン液は、以前過小評価していましたが、主に女性の薄毛に効果があったという事例が、この知恵袋では拝見できます。ですから、効能を否定はしませんが、市販の医薬品みたく、他の成分をブレンドして相乗効果を図るものではないと考えます。これも、効果なければ別を…の「試行錯誤」です。
4、現在保有のフロジン液使用・及び生え際には「カロヤンアポジカG」→フロジンなくなりしだい、「カロヤンガッシュ」+「カロヤンアポジカG」=長期継続
5、カロヤンのみでよいと思います。フロジン液にも溶剤がつかわれており、余計な溶剤が増えて逆に頭皮環境を悪くします。
6、カロヤンは前述のように他の成分をブレンドしています。なお、フロジン液は、確かもともとは胃炎用クスリの成分でしたが、頭皮につけて発毛効果があったので、保険適用の血管拡張剤として、医師が薄毛の方に処方されています。原則、薄毛治療で皮膚科にかかり、処方される一般的な塗布剤が、フロジン液ですから、その処方について、否定するものではありません。しかし、これが、「育毛剤」「発毛剤」なのか?と問われると、正直、どちらとも言えます。自己判断になりますが、医師処方を優先する立場で、回答しています。ただし、「毛髪最前線」の著者。坂見教授(大阪大学毛髪再生科)は、市販の育毛剤を否定しておらず、医学的に表にして推奨しています。
7、カロヤンアポジカGの特徴は、@垂れないA溶剤がとどまり、頭皮を柔軟にする…がおおきな利点です。
8、難しい問題ですね、まずは、たとえ、データがあり、効能がいろいろな人で確認されていても、皮膚科学会の認定や、薬事法と景品表示法がある限り、法に触れるPRはできないのです。フレッシュトニックも、医薬部外品で、薬用…という表示です。
「柳屋フレッシュトニック柑橘EX」で発毛実感した人
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1229815602
9、完璧な育毛法=ロゴナ(+ホホバオイル)→柳屋→ガッシュ&アポジカG→マッサージ→レーザーキャップ=放置:ブラッシングなし。→就寝。ナノインパクトは、経験済みですが、個人的には効果なしでした。あくまでも個人的に。
10、初期脱毛のリスク回避をふまえると、柳屋+フロジン+カロヤン複数…になりますが、前述のように、フロジン液のかぶれ予防のため、シンプルに、柳屋+カロヤン複数=でよいと思います。もちろん、フロジン液保有ならば、使い切るまでOK。
11、良質で十分な睡眠は、副交感神経の働きをよくして、血流、リンパ、ホルモンの流れをよくします。発毛条件のひとつです。今回は、就寝時間が深夜ですが、それでも、ぐっすり眠れればOKです。

 

【若はげを防止】悩んでる人の為の若はげ防止と改善方法


このページの先頭へ戻る